Kira's Sketchホームへ掲示板へ綺羅ブログへプライバシーポリシー
プロフィール ディスコグラフィー インフォメーション きらず スケッチ リンク 綺羅ショップチャンネル サイトマップ
うららか茶房記
(サイマルラジオ版)
うららか茶房記
(2006年世田谷FM版)
ライブレポート
アクティブレポート
徒然日記

第1話〜第30話
第030話
第029話
第028話
第027話
第026話
第025話
第024話
第023話
第022話
第021話
第020話
第019話
第018話
第017話
第016話
第015話
第014話
第013話
第012話
第011話
第010話
第009話
第008話
第007話
第006話
第005話
第004話
第003話
第002話
第001話
うららか茶房記
2006.08.29 「うららか茶房」記 第26話
如何お過ごしですか?暦の上ではもうとっくに秋ですが、今しばらく暑さは続きますよね。夏が過ぎていってしまうのは何だかイベントがひとつ終わっちゃうような、何となく淋しい気持ちになります。又、来年までさようなら、、みたいな、、

夏の風物詩と言えば花火、、綺羅は毎年本当に楽しみにして来たんだけど、今年は日程が仕事と重なってしまってとうとうちゃんと見れませんでした。。。日本の花火職人さんは世界一の技術を持っているし、日本人は昔から花火が大好きですよね。大輪の花開くように夜空をパッと染めてウォー!というどよめきが消えない内に、一瞬にして消えていってしまう、、最後のドンドンという空砲と共に突然ぽっかりと心に穴があいたような虚無感が襲って来たり、、、それが子供の頃から何度となく繰り返して来た日本の夏模様なんですね。

OA1曲目『少年時代』by 井上陽水

豆乳のブラマンジェ
今日のお菓子は豆乳のブラマンジェ(by ラテールさん)ケーキ屋さんの作ったお豆腐、、、竹筒に入った見た目も涼しげなスイーツです。

お盆の時にニュースで見たのですが、蝉の幼虫が渋谷のアスファルトを歩いて羽化する場所に選んだのが、木ではなく、なんと放置自転車のタイヤで、健気によじ登ってしがみつきながら脱皮をした、、という話しに感動でした!(蝉も頑張ってるね。。)蝉の幼虫は土の中で平均して7年くらい地下生活を送り、モグラなどに狙われながらも何度か脱皮を繰り返して、晴れた日の夕方、やっと羽化するために地上に出て来ます。その時もスズメバチやアリ等に狙われ、、めでたく成虫となってもすぐには鳴けず、4日目くらいでやっと鳴けるようになり、繁殖のためにオスは精一杯鳴いて、わずか10日程で一生を終えてしまう。。その間もクモや鳥に狙われながら、、そんな短い命なのに子供の頃は蝉取りなんかしちゃって可哀想だったな、、なんて今更思ったりもします。今日も出がけに玄関に蝉がご臨終になっていたので、庭の隅に埋めて来てあげましたが、、、はかない命が蛍と一緒でものの哀れを感じさせますが、、空蝉という言葉は「この世の中は蝉の抜け殻のように仮の物ではかないものだ。。」という意味で使われ、源氏物語に出て来る空蝉は、光源氏の求婚に対し、うす衣を残して逃げ去ったという事からその名がついています。蝉時雨は一斉に鳴く蝉の声が時雨の音のようだ、、という所から来ていますが、、秋になるとそんな耳をつんざくような蝉の声も懐かしく思えて、カナカナ、、というヒグラシの声がより淋しさを醸し出します。初秋の夕暮れの蝉達の声に耳を傾けて、命の大切さ、、などを感じて欲しいな、と思います。

OA2曲目『月祭り』by 綺羅

綺羅の今後の予定は

●09月11日(月) セプテンバーコンサートと言って、同時多発テロをきっかけに平和への思いを音楽に託して集まろう、、と各地で入場無料のライブが行われます。綺羅は日本橋三越1Fに於いて12:30〜14:00の間に出演します。
●10月25日(水) 3rd album 『幻世〜まぼろよ〜』リリース
●11月13日(月) アルバム発売記念コンサート 第四帖 幻世〜まぼろよ〜 を致します。
於 草月ホール open 18:30 start 19:00

、、と、何だか忙しい秋になりそうですが、食欲の秋で乗り切ろうかな。。。
第27話を見る 第25話を見る
   
Copyrights 2006 Kira, Tokyo, JAPAN. All Rights Reserved.