Kira's Sketchホームへ掲示板へ綺羅ブログへプライバシーポリシー
プロフィール ディスコグラフィー インフォメーション きらず スケッチ リンク 綺羅ショップチャンネル サイトマップ
うららか茶房記
(サイマルラジオ版)
うららか茶房記
(2006年世田谷FM版)
ライブレポート
アクティブレポート
徒然日記

第1話〜第30話
第030話
第029話
第028話
第027話
第026話
第025話
第024話
第023話
第022話
第021話
第020話
第019話
第018話
第017話
第016話
第015話
第014話
第013話
第012話
第011話
第010話
第009話
第008話
第007話
第006話
第005話
第004話
第003話
第002話
第001話
うららか茶房記
2006.06.27 「うららか茶房」記 第17話
(涼しげな楽器の音♪♪♪)

暑くなって来ましたね。。今日は涼しくなるような音を持って来ましたので、想像力を膨らませて聴いてみてください。

(チリン、チリン、サラサラサラ、、、♪♪♪)

RecordingやLiveなどで使っている小物達です。綺羅のサウンドは和のテイストが強い曲が多いですが、15年くらい前、ブラジルで活躍されていた日本の方でYUTAKAさんという方の曲に琴の音が使われているのを聴いてみてください。

OA1曲目『Brazasia』 by YUTAKA

このタイトルはBrazilとAsiaをミックスした造語ではないかと思いますが、vocalを元Sea windのvocalで広谷が一時期とても憧れていたポーリンウィルソンとデュエットしています。

さて、先ほどから涼しげな音聴こえてますが、、ご紹介しましょう。まずはRain stick。これは約2m(実際には1m半くらい)で仙人の杖みたいな形をしています。オーストラリアでゲットした物で、アボリジニの楽器の一つ。お部屋に立てかけておくと、振動などで時々サラサラ音がするので、意外と立て付けの悪いお家の方がいいかもですね。。
そしてイルカの形の風鈴。バリで買ったウィンドチャイムのおもちゃ版。このふたつもそうですが、いつも音を選ぶ時はかなりの時間をかけて全部鳴らしてみるので、お店の方に相当嫌がられているかもしれません。バリには竹で出来た楽器が沢山あるのですが、持ち帰れず断念。

話しはそれますが、竹林がふたりともとても好きで、京都の愛染倉という所の竹林に入った時はかぐや姫になったような何ともいえない不思議な気持ちを味わいました。竹を割ったようなとか言うように、スパッと真っすぐな印象があると思えば細く切ればどこまでもしなやかに、籠などが編めてしまうくらい、、明るく、清くさわやかなのに、うら枯れ侘しくひっそり、、という両面を持っている姿に惹き付けられるのだと思います。。竹筒に冷酒を入れて飲むのも、、美味しい〜〜よ〜〜(by 木戸)獅子脅しのカッ!っていう音もいいね。では綺羅の曲の中で唯一琴を使った曲、かぐや姫の世界も感じられるかな、、

水ようかん
OA2曲目『百人想歌』by 綺羅

(バックでザザザザザ、、♪♪♪)

最後にオーシャンドラムの音を聴いて頂いています。これは波の音を表現していて、、ラジオドラマみたいだね。いよいよ暑い夏がやって来ます。これからかき氷の美味しい季節ですが、、今日は青山の紅屋さんから水ようかんを買って来ました。これも見ているだけで涼しげ。身近な物を使って目で耳で涼を感じて、いい夏を送ってください。

楽器
1.オーストラリアのrain stick
2.イルカの風鈴
3.バリのウィンドチャイム
第18話を見る 第16話を見る
   
Copyrights 2006 Kira, Tokyo, JAPAN. All Rights Reserved.