Kira's Sketchホームへ掲示板へ綺羅ブログへプライバシーポリシー
プロフィール ディスコグラフィー インフォメーション きらず スケッチ リンク 綺羅ショップチャンネル サイトマップ
うららか茶房記
(サイマルラジオ版)
うららか茶房記
(2006年世田谷FM版)
ライブレポート
アクティブレポート
徒然日記

第1話〜第30話
第030話
第029話
第028話
第027話
第026話
第025話
第024話
第023話
第022話
第021話
第020話
第019話
第018話
第017話
第016話
第015話
第014話
第013話
第012話
第011話
第010話
第009話
第008話
第007話
第006話
第005話
第004話
第003話
第002話
第001話
うららか茶房記
2006.06.20 「うららか茶房」記 第16話
早いもので、もう“夏至”です。1年中で一番日照時間が長い日・・・という事は太陽に一番近い…って事ですが、1年で一番暑い日は7月24日頃の“大暑”という日。それは夏至の一番強い光が地表を次第に暖めて行き、ピークに達するのが7月24日頃という事なのだそうです。(ピザが釜の中でジワジワ焼けて行くみたいだな、、by 木戸)気分はこれから夏本番を迎えるというのに、もう日が短くなっていくというのは少し淋しいですが、夏に至ったという事で夏満喫態勢を整えて行きましょう!

さて、6月はJune Bride という事でまずはなつかし〜〜い曲を1曲

OA1曲目『花嫁』by はしだのりひこ&クライマックス

広谷は子供の頃、この曲を聴いて嫁ぐという事に思いを馳せていました。June Brideの由来はJuneがローマ神話のジューノという結婚を司る女神の事から来ているため、その女神の月に結婚すればきっと幸せになれるというヨーロッパの言い伝えから来ています。

またヨーロッパでは6月が一番雨が少なく復活祭などもあって祝福ムード溢れる時期だっていう事も関係しているようですが、逆に雨の多い日本では昔は6月の結婚式がとても少なく、業者の方がこのJune Brideを持ち込んで勧誘してみたらうまく当たった!っていう事なんだそうですよ。

くずざくら
今日の和菓子はわらび餅(by 紅谷さん)、、口の中でとろ〜っと溶けてしまいそうで、甘〜〜い甘〜〜いふたりにピッタリです。

今は入籍のみのジミ婚などもあって、式の形もさまざまですが、綺羅は広谷がwedding dressで長いヴァージンロードを父と腕を組んで歩く、、というのが夢だったので、教会で式を挙げました。もしもう一度挙げていいのなら 今度は是非神前で、、、

今、長年連れ添った老夫婦が当時式を挙げられなかったからと、○○婚式とかにドレスを着て写真を撮ったり、式を挙げたりするという微笑ましい話しを耳にしますがそんな歳の重ね方が出来たら素敵だと思いますね。そして新婚旅行、綺羅は日本の新婚旅行の王道“熱海一泊”でした。忙しい中でやっと取れたたった2日のお休みでしたが今思い返しても無理して行っておいて良かったと思います。思い出はひとつでも多い方がいいですからね。。今日は6月に入籍または式を挙げられたすべての花嫁さんに未発表の曲ですがプレゼントします。

OA2曲目『誓い』by 綺羅

何はともあれ縁あって結ばれた二人とその家族なのですから、末永くお幸せに。
第17話を見る 第15話を見る
   
Copyrights 2006 Kira, Tokyo, JAPAN. All Rights Reserved.